夢占い/意味と種類

●総合占いの鑑定順序:@血液型占い⇒A動物占い⇒B星占い⇒C夢占いD⇒九星占いE⇒総合占いの鑑定結果

人間は寝ている間にノンレム睡眠(身体、大脳を休ませる為の深い睡眠)とレム睡眠(精神、心を休ませる為の浅い睡眠)を約、90分一セット一時間半間隔で繰り返します。ノンレム睡眠は入眠後だんだん深く沈んでいき、レム睡眠は沈んだ分だけ元に戻ってきます。夢を見るのはこのレム睡眠のときで、眠っているときに眼球がキョロキョロ動くのが特徴となります。従って上手な睡眠方法とは一時間半の倍々時に目覚まし時計を設定すると快適な安眠が出来ますが、実際には夜明けに近づくにつれて眠りのサイクルが少しづつ短くなって来ますので、若干の誤差がでるようです。さて夢には3種類のタイプがあります。1、見たことを忘れて想い出せない夢 2、2〜3日は覚えているがそれ以降は思い出せない夢 3、印象的で一年過ぎても忘れられない夢、このうちNO1はノンレム睡眠状態の時に目覚めるとこのような結果が多い。NO2はレム睡眠状態の時に目覚めるとこのような結果が多い。NO3は特に重要で、レム睡眠状態の時にインスピレーションや啓示的なものを受信した可能性が高い。NO3の場合はそのものズバリであったり、何かの象徴であったり、予知夢とか正夢とか呼ばれていますが誰にでも一つや二つは心辺りがあるのではないでしょうか?精神世界と現実世界は表裏一体の関係なので、波長さえ一致すれば自然と授受できるようです。初夢:元旦の(お正月)に見る初夢とは新年が明けて最初に見る夢、または、年末の最後、31日の夜に見る夢、更には、1日の夜から3日の夜までに見る夢と色々な解釈があるようです。しかし一番大事なことは夢の質にありますね、とても印象深く覚えている夢を見た場合に意味があります。一年に数回しか見ないようなインパクトの強い夢、これを1月3日までの間に見た場合には予知夢の可能性があります。
あなたの良く見る夢
火事の夢
夢占いの種類と意味:火事の夢/占い=火事の夢は、炎が大地や家を焼き払いますが、これは人間の怒りや偽りの愛に関連があるようです。調和のある処には怒りは存在しませんので、燃え滾る材料がありませんが、調和のない処はいつも激しくぶつかり合い、妬みや嫉妬で燃え上がっています。これは良くない夢ですので現実的にそのような問題があれば、その場所から少し距離を置いて冷静に対処することをお勧めします。
次は九星占いへ

良く見る夢・忘れ物や落し物をする夢 金縛りに遭う夢 冒険、探検をする夢 医者になる夢 政治家になる夢 空を飛ぶ夢 高い所から落ちる夢 魚釣りの夢 けんかをする夢 水に溺れる お花畑を見る夢 地震、津波、火事、噴火の夢 失恋する夢 結婚する夢 夢精をする、SEXをする夢 宝くじが当たる夢 出産する夢 けんかをする夢 いじめられる夢 盗難に遭う夢 病気になる夢 事故に遭う夢 葬式の夢 正夢を見る夢 金縛りに遭う夢 悪魔がでる夢 過去世の夢